漂砂の供給源,卓越方向の推定への天然放射性トレーサーの利用について

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 報告 007-03-02
執筆者 佐藤昭二,入江功
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  天然放射性トレーサーを追跡することにより,漂砂の供給源,卓越方向を推定する方法を,仙台湾海岸を例にとって調べてみた.
 仙台湾海岸に沿って,前浜から砂を採取し,水洗い乾燥した後,砂中に含まれる重鉱物を,四臭化エタン(比重2.95を用いて分離した.重鉱物中に,トリウムと比例した量で含まれるPb(0.239MeV)を,それから放出されるガンマ線を測定することにより定量し,この結果から,天然放射性核種トリウムの含有率を,放射平衡の観点から計算した.トリウムは,重鉱物中に主として含まれているので,このようにして求めた重鉱物中のトリウム含有率から,重鉱物を分離する前の全砂中のトリウム含有率を計算した.仙台湾海岸の海浜砂についての分析結果によれば,砂中のトリウム含有率の沿岸方向の分布は,漂砂の方向,供給源をかなり明確に示す指標になり得ることがわかった.
全文 vol007-no03-02.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る