有限振幅波の反射に伴なう見掛けの反射率について

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 報告 007-03-01
執筆者 合田良実,阿部淑輝
所属 水工部 波浪研究室
要旨 波の反射に関する実験では通常Healyの方法が用いられるが,これは第1次近似解であり,反射率も見掛けのものであって真の値の1/2以下のこともある.このため,部分重複波の第3次近似解の計算に基づき,見掛けの反射率の補正図表を水深波長比h/L=0.08,0.10,0.12,0.15,0.2および1.0に対して作成した.Healyの方法による見掛けの入射波高についても補正図表が与えられており,真の値の50%増にもなることが示されている.これらの図表の適用性は,直立壁および消波装置からの反射に関する実験で検証済である.なお本理論によれば,重複波の波高は入射波高の2倍以上となることが予測される.
全文 vol007-no03-01.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る