高圧噴流の構造に関する実験結果,及びモルタル試料掘削実験結果について

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0060-01
執筆者 藤井喜一郎,守口照明,近藤基
所属 機材部 作業船研究室
要旨  近年,港湾工事における浚渫埋立作業の大規模化,複雑化にともない,従来の浚渫船等による浚渫は,高深度及び硬土盤などにおける作業がますます困難になり,新たな作業方法及び浚渫装置の改善の必要性が生じるようになった.殊に高土盤,岩盤などの圧縮強度の比較的高い地層での掘削作業は,従来の機械的なカッター,ディパーなどによる掘削方法では不可能であるため,高圧の噴流水を用いて破壊する方法が考えられるようになり,また,かなりの効果的な掘削作業を期待されると思われる.
 本資料では,圧力40~50kg/cm2程度の噴流を用いて実験室内の水槽の中で噴出させられた噴流の基本的な構造についてまず実験,解析し,従来の研究報告と比較,調査した.
 今回の実験の結果,使用したモルタル試料だけに関しては,噴流の圧力の2倍前後の圧縮強度を持つ試料の破砕が可能であった.しかし,これは特殊な条件下における試料につての結果であるために,噴流による岩盤の破砕条件に関して,なお今後深く検討しなければならない.
全文 no0060-01.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る