大型起振機の試作

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0055-02
執筆者 宮島信雄,山田逓一郎
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  非線型の復元力特性を有する構造物の共振曲線の形は,その構造物を振動させようとする力の大きさにより変化する.したがって,そのような構造物の振動試験は加える力の周期が変わっても力の振巾は変わらないようにして行なわねばならない.しかし,偏心質量を回転させる形式の起振機のほとんどは,振動数を変えると起振力も変化してしまう.振動数を変えても起振力が変わらないようにするには,振動数を変える度に機械を停止して偏心質量の位置または大きさを変更しなければならない.これでは大変不便であり,充分満足できる試験は困難である.
 著者は特別な歯車装置により,機械の運転中に偏心質量の相対位置を変え得る起振機を試作した.これによれば起振力を一定に保ちながら振動数を連続的に変えることは容易である.本機を清水港における鋼直杭桟橋の振動実験に用い,満足すべき結果を得ている.主な仕様は次のとうり.    
 最大起振力     :2.5ton
 振動の数範囲    :0.3~3.0Hz
 偏心質量1個の重量 :480.8kg
全文 no0055-02.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る