土の三軸圧密試験(第1報)-三軸圧密試験装置と静止土圧係数-

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 報告 007-02-04
執筆者 中瀬明男,野村健司,伊藤昌英
所属 土質部 土性研究室
要旨  自然地盤における一次元圧密と同様の条件で試験を行なうため,三軸圧密試験装置を試作したので,装置の詳細と試験方法を報告する.乱さない粘土試料を用いて標準圧密試験との比較を行なった結果は次の通りである.
1)三軸圧密試験で生ずる二次圧密量は標準圧密におけるものよりかなり少ない.
2)三軸圧密試験より求められる圧密係数値は標準圧密試験で求められたものの約半分である.
3)粘土の膨張過程は圧密過程と同様に扱うことができる.
 三軸圧密試験によって求められた正規圧密粘土の静止土圧係数K0は,初期値K0=1.0が時間とともに減少し,圧密終了時にK0≒0.5となる.過圧密状態における静止土圧係数は過圧密比とともに増大する.
全文 vol007-no02-04.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る