沖積粘土のボーリングおよびサンプリングに関する研究(第3報)

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 報告 007-02-03
執筆者 松本一明,堀江宏保,山村真佐明
所属 土質部 土質試験課
要旨  今回の研究実験はボーリング方法(ドリルパイプ方式とコアーチューブ方式)とサンプリング方法(試料引揚げ前の土との縁切りのための回転と非回転)の相違が土の強さに及ぼす影響について調査した.
 これらの結果を要約して次に述べる.
1)ドリルパイプとコアチューブとの工法の相違による一軸圧縮強さへの影響は認められなかった.しかし,作業上,ドリルパイプ方式が極めて有利である.
2)試料採取後の引揚げ前,土との縁切りのための回転と非回転とは顕著な差は認められないが,通常使用しているボーリングロッドの曲りを考慮にいれて不均等側圧による乱れの影響のない非回転の方が有務である.
全文 vol007-no02-03.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る