くいの横抵抗における地盤常数に関する研究

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 報告 007-02-02
執筆者 沢口正俊
所属 土質部 基礎工研究室
要旨  くいが横方向荷重を受ける時の設計法として,これまで幾つかの提案がなされてきている.しかし,くいの横抵抗挙動を最も忠実に表現したものは,膨大な実験結果から得られた港研方式による方法であろうと思われる.この方式による場合に用いられる地盤常数と呼ばれる変形係数は,現在のところ,実用範囲内で地盤の土質のみによって定まるものであろうと考えられ,特に標準貫入試験結果との関連が得られている.
 本報告においては,くいの横抵抗に関連した地盤の変形係数についての過去からの研究履歴を概略述べ,地盤常数については標準貫入試験と関連から求める以外に,地盤の土質試験結果から求める方法を提起した.そして砂地盤では室内実験および現地試験,粘土地盤では野外実験によってこの計算を確かめ,比較的穏当な結果が得られたので,ここに報告する次第である.
全文 vol007-no02-02.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る