高知港津波防波堤に関する模型実験(第3報)

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 報告 007-02-01
執筆者 木村久雄,工藤国守,柴山煒彦
所属 水工部 水理研究室
要旨 この模型実験は,津波浸入時における津波防波堤設置に伴なうその周辺の種々な条件変化,特に津波防波堤付近の局部洗堀および固定床による津波浸入時と漲潮時の実験である.なお,特に重要であると考えられる移動床の洗堀の問題については,津波による不定流の実験的な再現および掃流力,流砂量等に相似率の適用が困難であるので比較実験による類推的な方法を用いており,洗堀の性質を定量的に決定することは非常に困難であると考えられる.
全文 vol007-no02-01.pdf(PDF/3.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る