プレストレストコンクリート舗装の設計方法に関する調査研究-空港舗装に関する調査研究(第4報)-

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 資料 0051-01
執筆者 山家馨,赤塚雄三,川口昌宏
所属 未分類 未分類
要旨  空港舗装にプレストレストコンクリートを適用した内外の施工例およびこれに関連せる実験研究や現場観測の資料を調査して,空港舗装にプレストレストコンクリートを適用する場合の構造型式,設計理論,構造細目などの諸問題について検討し,更に舗装版の座屈現象に関して理論的ならびに実験的検討を試みた結果を取纒めたものである.
 PC舗装の型式に関しては,4方式が考えられ,舗装の平面形状や舗装面の供用目的に応じて適当な型式の選択が可能な事を指摘した.舗装版の応力解析と版厚設計の理論的構成に関しては,これがほぼ確立していることを確かめ,応力計算等に必要な諸係数の評価,応力の組合わせ,導入プレストレスの最適値や許容応力度などについて具体的な設計値を提案した.舗装版の座屈に関しては,理論的解析と模型実験を行ない,実用的な範囲では舗装版の座屈は生じないことを明らかにした.更に,構造細目については,特に工夫を要する目地やアバット部の構造の詳細を実例を挙げて解説し参考に供した.
全文 no0051-1.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る