関東ロームおよび成田層砂の土質試験

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 資料 0047-02
執筆者 中瀬明男,柳瀬重靖,須田凞,小林正樹,勝野克,光本司,石塚忠久,阿部喜代志,岩淵哲治,藤本憲久,小川富美子
所属 土質部 土性研究室
要旨 新東京国際空港周辺部の土質調査の一部として,関東ロームおよび成田層砂の土質試験を行った.実施した試験は,物理試験,圧縮およびセン断試験,締固め試験,C・B・R試験,qc試験,および生石灰に安定処理試験である.セン断試験,締固め試験,C・B・R試験などにおいては,成田層砂との比較のために鹿島砂の試験も加えてある.この一連の土質試験の結果,設計に用いるための諸定数,工事材料としての性質の適否,改良効果の良否などが解明された.
全文 no0047-02.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る