鹿島港におけるポンプ船試験報告

発行年月 1968年3月 港湾空港技術研究所 資料 0045-01
執筆者 八木得次,宮崎昭児,入江義次,奥出律
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  鹿島港におけるポンプ船の適正能力を知るために,昭和42年6月6日から9日までの間,送水試験および浚渫試験を行ったので,その結果を報告する.
 ポンプ船の能力は,土砂の掘削性および排送性の両面から決められるべきものであるが,鹿島港の場合は,土砂が崩れ易いために掘削性にはほとんど問題なく,主として排送性に難がある.したがって,試験も自づから排砂管内の沈澱限界を求めることに主眼にをおき,送水試験で浚渫ポンプおよび配管系の性格を知り,ついで浚渫試験において,含泥率・流速その他の関連項目の変動状態を調べた.
 試験結果から,排送距離に対する能力限界を実用性能図上に明示し,浚渫試験から求めた洗浄時間比によって,これの妥当性を示すことができた.さらに,土質を細砂および砂利混り砂に大別し,過去の運転実績と本試験から得た能力限界を対比すると共に,運転時間の構成割合を知ることによって,いわゆるポンプ船の能力である運転時間当り揚土量を求めることができた.
 以上の試験結果をもとにして,将来排送距離がさらに延長されるであろうという考えからブースターポンプを併用した場合の一例をあげ,実用性能図上の限界領域の拡張まで言及した.
全文 no0045-01.pdf(PDF/3.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る