水噴射エゼクタ設計数表

発行年月 1968年3月 港湾空港技術研究所 資料 0044-02
執筆者 守口照明,藤井喜一郎
所属 機材部 作業船研究室
要旨  エゼクタの設計法については,すでに港研報告第6巻2号において,設計図表とともに発表した.本資料では,同報告て導いたエゼクタの最大効率を求める計算式について,さらに検討を加えるとともに,いくつかの計算式について比較を行い,その中からエゼクタの設計にもっとも適した計算式をえらびだして,設計に必要な数値の数表化を試みた.
 エゼクタに関する研究は,かなり古くから行われており,その特性,効率等についての関係論文も,すでにいくつか発表されている.しかしこれらの論文において,エゼクタの特性,効率と設計方法を,直接関連づけたものは見当たらないようである.本資料では,上記報告書で提案した,加圧係数,駆動係数,エゼクタ係数を使用することにより,設計条件にもっとも適した,エゼクタ各部の面積比,揚水と駆動水の流量比,設計したエゼクタで得られる最大効率などを容易に求めることができる.
全文 no0044-02.pdf(PDF/5.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る