密度流の問題

発行年月 1967年12月 港湾空港技術研究所 報告 000-14
執筆者 浜田徳一
所属 水工部 水理研究室
要旨 2層よりなる密度流の基本的問題点である界面内波の諸性質を調べたものであり,粘性損失,境界層の安定,有限振幅波における諸性質,砕波の問題および古典的な内波増幅機構としてのKelvin-Helmholtz不安定の諸特性について検討している.
全文 vol000-no14.pdf(PDF/701KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る