駿河湾台風6626号綜合調査研究報告-第6編 田子浦港の開発と過去の災害-

発行年月 1967年8月 港湾空港技術研究所 報告 006-07-06
執筆者 堀口孝男
所属 未分類 未分類
要旨 今日の田子浦港は昭和30年頃より検討され,32年調査に着手し,33年より本格的に着工された.本港の計画は岳南工業地帯の工業港として計画され,掘削土砂と買収面積の経減の目的で潤井川と沼川の河口を港の位置と定め,なお大量に出る掘削土砂は背後の低湿地帯の埋立用とし,埋立地は工業用地とする計画ではじめられた.とくに田子浦港の面する駿河湾の厳しい自然条件を考慮し,波浪,漂砂,海底の状態などの現地調査および模型実験を含む研究の結果,外郭施設を備えた掘込港湾の形態を採用した.
全文 vol006-no07-06.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る