駿河湾台風6626号綜合調査研究報告-第5編 田子浦海岸堤防模型実験-

発行年月 1967年8月 港湾空港技術研究所 報告 006-07-05
執筆者 川上善久,谷本勝利
所属 水工部 波浪研究室
要旨  台風6626号によって被災した田子の浦海岸堤防の越波に関する模型実験の経過ならびに結果をとりまとめたものである.
 駿河湾の湾奥にあたる田子の浦港を中心とした海岸は,既にW.D.L.上13.8~15mの天端高を有す海岸堤防が築堤されており,しかも汀線から100~150m陸側に位置していたのにもかかわらず,海水が海岸堤防を越えさらに100m以上背後にある砂丘堤も越流して,背後に被害を与えた.
 この模型実験にこのような当時の現象を究明し,次のような対策案を検討するために行なわれたものである.
(1)現在堤の補強嵩上げによる方法
(2)現在堤背後に第二壁体を設ける方法
(3)現在堤の海側に別の堤体を設ける方法
全文 vol006-no07-05.pdf(PDF/4.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る