排土板の地均し抵抗に関する研究

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-06-04
執筆者 早乙女保二,石塚浩次
所属 機材部 作業船研究室
要旨  第五港湾建設局名古屋港内のドラグサクション浚渫跡に使用する地均し船の排土板による地均し模型実験の報告である.
 模型実験は室内にて行ない,実験地盤は水締め砂,水中砂および圧密した粘土であった.地均し模型実験は,排土板の長さ変化,板面曲率変化および角度変化(いわゆる後退角をつけること)について地均し力,地均し効果を定性的に調べることであった.
全文 vol006-no06-04.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る