水平管における単粒子の初動流速について

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-06-03
執筆者 八木 得次,入江 義次,青木 幸男
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  水平管における単粒子の初動流速の測定結果と流体抵抗および摩擦力の平衡条件から求めた理論式とを比較したものである.
 実験結果から,初動流速はReynord Numberの影響は僅少であって,近似的にFγ/μsとKの関係として示すことができた.さらに初動流速と沈降速度の関係についても言及した.
 実験に用いた粒径範囲は0.079~20mであり,管径は50,70および100mmである.
全文 vol006-no06-03.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る