土砂の水力輸送に関する研究-水平管流における限界流速について-

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-06-02
執筆者 八木得次,入江義次,青木幸男
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨 土砂の管路輸送を能率的に行なうには,流速に応じて,土砂の流動状態がどのように変化するかを知る必要がある.このような事から,摺動限界流速および浮遊限界流速を求めるための室内実験を行なった.
 この実験装置は,管径,100mm,全長約70mで,管路の途中に8mの交換可能な内径50,75,100mmの測定管を設けている.測定は,長さ3mの継目なしの鋼管,アクリル樹脂製の透明管部で行なった.供試材料は,平均粒径0.25,0.81,1.28,7mmのものを使用した.計測には,差圧計,電磁流量計,含泥率計,計量バケツ等を使用した.土砂の管内での流動状態は,透明管部分で,8mm映写機および直接目で観察した.
全文 vol006-no06-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る