乾燥砂層の振動性状

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-05
執筆者 荒井秀夫,梅原靖文
所属 構造部 振動研究室
要旨  新設された動電駆動方式の振動台を用いて乾燥砂層の振動性状を調べた.砂層の形状が水平および堤状の2種類について厚さと密度を変えたものについて,層内の加速度応答とその分布を測定した.実験に使用した砂は小名浜砂と呼ばれる微粒砂である.
 砂層は振動時に複雑な挙動を示すが,砂層は剪断振動をなすと仮定して実験結果を整理した.整理の結果得られた主な結論は次のようである.
(1)砂層は極めて小さい変形(約1×10-1以内のひずみ)に対しては弾性的な挙動を示し,本実験程度の密度の砂層では横波の速度は100~170m/secである.
(2)砂層の変形が大きくなると,見掛上横波の速度はかなり減少し,減衰常数は増大する.このことから一周期間の砂層の応力-ひずみ関係を推定した.
(3)砂層中央部における加速度応答特性は水平砂層と堤状砂層とでは大きな差は見られないが,振動モード拘束の影響が現れている.
(4)側壁の影響は共振点付近に著しく現れ,壁の近くでは見掛上減衰常数が極めて大きい.
全文 vol006-no05.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る