桟橋に作用する波の揚圧力

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-04-02
執筆者 伊藤喜行,竹田英章
所属 水工部 防波堤研究室
要旨 棧橋下面に作用する波の揚圧力と,それに対する渡版および棧橋上部工の安定性について実験的研究を行なった.実験結果によると揚圧力は上昇する水面の衝突に基づく衝撃力があって,その性質や大きさは海象条件(波高・周期・潮位)および構造条件(棧橋の形状・寸法・水や空気の逃げ方)によって異なる.一般的には波高・潮位・周期と共に増大し,また水塊の逃げ場があれば減少するが,空気孔程度ではかえって増大する傾向がある.揚圧力は衝撃的圧力であるため,それによる挙動は渡版のように自重もって対抗するものと,床版などのように部材の強度をもって抵抗するものとで異なる扱いが必要であり,前者に対しては落下および振動限界に対応する安定重量を,後者に対しては等価静荷重をそれぞれ実験公式として提示した.また,横桟橋のほか,デタッチドピアに対する通過波の揚圧力,土留護岸に孔あきケーソンを用いたときの効果の有無についても検討した.
全文 vol006-no04-02.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る