異形ブロックの波力減殺効果に関する研究

発行年月 1967年4月 港湾空港技術研究所 報告 006-04-01
執筆者 森平倫生,柿崎秀作,菊谷徹
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  異形ブロックの波力減殺効果を系統的に把握し,あわせて設計標準の作成を行なう目的で消波用異形ブロックとしてテトラポットを選び,消波工の形状をA型,B型,C型の3種類,海底勾配を1/10,1/25,1/50の3種類を選び,検討を加えたものである.なお,基礎実験に採用した静水面でのテトラポット消波工の幅は,A型,B型,C型についてそれぞれ4層幅,2.5層幅である.
 消波工天端幅はすべての消波工についてテトラポット2層幅としている.
 実験の結果,波力減殺の観点から消波工を堤体前面に投入するときは,消波工の天端高と堤体の天端高を一致させ,さらに静水面での消波工の幅が異形ブロック4層幅以上必要であることが判明した.
全文 vol006-no04-01.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る