ホッパーの沈澱効果に関する研究-ホッパーの積込効率について-

発行年月 1967年1月 港湾空港技術研究所 報告 006-03-03
執筆者 入江義次,青木幸男
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  本研究ではモデルタイプとして,第一,第四港湾建設局所属の海麟丸,海鵬丸型の模型ホッパーを使用して実験を行い,積込効率とそれにおよぼす諸因子と考えられるポンプ容量,砂の沈降速度,ホッパー形状との関係を実船の場合と比較検討をしたものである.さらにいままでの考え方との比較も併せて行なった.実船試験,室内試験のデーターを使用して,設計や工事に参考になると思われる数値として,平均積込効率,積込時間等も式を誘導することにより求められるようにした.
 なお,本報告はホッパーの大きさとポンプ容量の求め方については深く言及せず,単にこれらの関係を求めるに際しての必要なる値の計算方法を見い出したものである.
全文 vol006-no03-03.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る