浚渫用噴流装置に関する研究(第3報)-噴流装置を用いた港湾工事用機械についての2,3の実験-

発行年月 1967年1月 港湾空港技術研究所 報告 006-03-02
執筆者 岩田尚生
所属 機材部 主任研究官
要旨  噴流装置の港湾工事用機械への応用について,3種類の試作機械装置による実験結果を紹介することにした.
 試作機械装置の内容は次の通りである.
(1)空気中および水中においてコンクリート製の方塊類の移動作業を行なうに適した噴流装置応用のつり上げ装置.
(2)浚渫船や土運船の泥そうから土砂を水力輸送する場合に使用するための噴流装置を用いた土砂の混合供給装置.
(3)浚渫用ポンプの吸込口外部から,吸込口に向って噴射する型式の噴流装置において,ノズルと吸込口間の距離や吸込口形状と加圧能力の関係等を調べるためのポンプしゅん渫船のサクションヘッド模型.
 上記の試作機械装置による実験結果では,何れも製作の際の計画能力に対して,充分満足な性能を発揮することができた.
全文 vol006-no03-02.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る