水噴射エゼクタの設計について

発行年月 1967年1月 港湾空港技術研究所 報告 006-02
執筆者 守口照明
所属 機材部 作業船研究室
要旨 水噴射エゼクタについての研究は,“深掘浚渫に関する研究”の一環として,昭和35年4月(当時,港湾局・調査設計室)より始められ,実験装置としては,もっとも単純な形状の2次元模型実験装置をはじめ,各種形状のノズルおよびデフューザを使用して,広範囲な実験を行ってきた.その間,研究成果の一部を港湾技術研究所報告として発表し,その中で筆者等は,エゼクタの効率を求める計算式を導き,最大効率の得られる流量比の求め方,効率最大の点を設計点とするエゼクタの設計法の基礎的考え方等について提案した.しかし,これらの報告は,いずれも実験の進捗にともなって発表してきたために,実際のエゼクタの設計にあたっては,かならずしも便利なものとはなっていない.本報告では,第1章および第2章において,エゼグタの原理および計算式を,第3章でエゼグタの設計について述べた.
全文 vol006-no02.pdf(PDF/3.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る