鹿島港ドライドックの施工法に関する調査研究

発行年月 1967年1月 港湾空港技術研究所 報告 006-01
執筆者 西田俊策,原田修,石下禎重,赤塚雄三,関義治
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  鹿島港ケーソンヤードは側壁な鋼矢板を用い,鉄筋コンクリート底版をプレパックドコンクリートで施工した渠室面積39.6×65.6m=2,600m2,最大吃水-6.3mのドライドックで,砂質地盤上に築造されたドライドックとしては他に類例がなく,工期も僅か10カ月の短時日で1966年3月に竣工した.
 本報告はこれらのドライドックの設計施工上の特長,プレパックドコンクリート施工方法についての調査研究の成果と施工実績,プレパックドコンクリート施工上の各種の問題点の検討結果と施工法改善のための提案,等を取纒めたものである.
全文 vol006-no01.pdf(PDF/11.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る