防波堤の安定性に関する研究

発行年月 1966年9月 港湾空港技術研究所 報告 005-14
執筆者 伊藤喜行,藤島睦,北谷高雄
所属 水工部 防波堤研究室
要旨 防波堤の真の安定性を知るには,構造物周辺の水理的現象ばかりではなく,破壊時の状況,すなわち本文でいうところの不安定領域における構造物の挙動に注目すべきである,との考え方に立った.したがって実験的手法としては,水理現象の計測はなるべく避けて,構造物の破壊状況を観察することに努めた.防波堤は何らかの材料によって構成されており,それが基礎地盤に支持され,そして水理的外力の作用を受けるのであるから,安定性についても三位一体の総合的な見方が不可欠である.しかし,基礎地盤や構成材料については,まだ水理実験との融合が不十分であり,これを今後の課題として準備を進めている.
全文 vol005-no14.pdf(PDF/15.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る