短杭の横抵抗

発行年月 1966年9月 港湾空港技術研究所 報告 005-13
執筆者 久保浩一
所属 土質部 土質部長
要旨 杭が短杭となった場合,その杭頭変位量や傾斜量などをいかに推定すべきかという問題,および,短杭を転倒に至らしめる限界荷重の問題についても詳細に考察した.その結果,横方向力をうける短杭の設計に役立つ2・3の実用的な基準を示すことができた.
全文 vol005-no13.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る