実験による風波の発達についての覚書

発行年月 1966年6月 港湾空港技術研究所 報告 000-12-02
執筆者 浜田徳一,柴山煒彦,加藤始
所属 水工部 水理研究室
要旨  実験による風波の発達については,英文報告第2号に比較的水深の大きい場合についての実験結果を報告したが,比較的水深のちいさい場合の実験結果を加え,検討を行なったのがこの報告である.
 風波の発達において基本的役割をなす風からのnon-negative damping factorについては,2つの場合において非常に類似し,かつその大いさも相い似た分布がえられている.その大体の大いさはJ.W.Milesの計算値に近いが,その分布状態については更に考察する必要がある.
 波形スペクトルムの高周波部分に加えられるnon-negative damping factorについては,高周波成分特有の減衰作用があるため,実験的には求める事が出来ない.
 水面にかかる風の剪断力のうち,低周波部分の波のモーメントに変換される成分の割合は2つの水深の場合については正確に求める事が出来た.
全文 vol000-no12-02.pdf(PDF/333KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る