回転体のスベリ抵抗モーメントの計算法

発行年月 1966年1月 港湾空港技術研究所 報告 000-11-01
執筆者 沢口正俊
所属 土質部 基礎工研究室
要旨 粘土地盤がある荷重によってスベリ破壊を起こす時,荷重条件によっては局部的にスベリが発生することもあるとして,その際に考慮すべき側面抵抗を公式化し,種々の場合の形のスベリについて具体化し,使い易いようにグラフを作成した.その際地盤の強度は深さと共に直線的に変化し,又可働率は1と仮定した.この結果を使って円筒体スベリ面抵抗の影響と,正方形フーチングの抵抗モーメントの計算を例題として述べてある.
全文 vol000-no11-01.pdf(PDF/198KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る