海岸構造物の堤脚部洗掘に関する研究(第1報)-直立壁堤脚部の波による二次元的洗掘実験-

発行年月 1966年6月 港湾空港技術研究所 報告 005-11
執筆者 佐藤昭二,田中則男,入江功
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  正常海浜と暴風海浜の平衡模型海浜を作り,その種々の位置に直立壁を設けて実験を行い,洗掘機構に対する両者の相違,洗掘過程及び縮尺効果に考察を加えたものである.
 著者らは,ここ数年来,この洗堀全般の問題に取組んで来ているが,その手初めとして,二次元造波水路で行った直立壁堤脚部の洗掘実験結果を報告する次第である.
全文 vol005-no11.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る