有限振幅重複波ならびにその波圧に関する研究

発行年月 1966年6月 港湾空港技術研究所 報告 005-10
執筆者 合田良実,柿崎秀作
所属 水工部 模型試験課
要旨  重複波の波圧ならびにその他の諸特性を調べるには,精度の十分高い理論計算を行なわなければならない.本報告では,Tadjbakshとkellerが求めた第3次近似解を拡張して,重複波の速度ポテンシャルの第4次近似解を求め,この結果をすべて計算機用のFORTRANプログラムに書き換え,これによって波形,波圧などについて広範囲の計算を行なった.特に波圧については,近似解の特性から生ずる表面圧力の残差項を補正した計算を行なった.この修正第4次近似解の計算結果は,水深波長比がh/LA=0.05~0.3の範囲の波について実験結果と良く一致しており,実用上十分の精度があるものと考えられる.
 以上の理論,数値計算,および実験の成果に基いて,重複波の波圧その他の計算図表を作成した.
全文 vol005-no10.pdf(PDF/6.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る