港湾における鋼材防食法の研究(第1報)-セメント硬化体による防食法-

発行年月 1966年6月 港湾空港技術研究所 報告 005-09
執筆者 善一章
所属 構造部 主任研究官
要旨 2層または3層のときの鋼材とセメント硬化体との関係を検討してこの結果にもとずいてL.W.L.上の防食効果など各ケースにおけるセメント硬化体の防食性が推察できるようにすることを目的として本報(セメント硬化体による防食法)を纒めてみた.なおアルカリ溶液(水酸化カルシウム溶液)中およびセメント硬化体1層中鋼材の腐食傾向についてはすでに検討されてきているが,これらの検討結果を参考として主として鋼材電位~腐食傾向の面を眺めて多層のときのセメント硬化体中鋼材の腐食に関するある足がかりを得るための基礎実験をいくつか行なってみた.
全文 vol005-no09.pdf(PDF/8.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る