浚渫用グラブの研究(第2報)-グラブの相似と掘削限界および開閉用鋼索の巻かけ数について-

発行年月 1966年6月 港湾空港技術研究所 報告 005-07
執筆者 岩田尚生
所属 機材部 主任研究官
要旨 今までに実施してきた上記の実験資料の内第1報で紹介しなかった内容で,グラブの計画,設計に直接必要な実験結果を簡単に紹介するとともに,今回新らしく実施した二三の実験結果を報告するものである.第1報では,主としてフラッシュ容量が0.05m3のグラブによる実験結果を紹介したが,本報告では,これと形状が相似で容量が0.05m3のグラブによって実験を行なった.実験の結果では,土質が与えられた場合のグラブの型式,開閉用鋼索の巻かけ数,大きさ等とつかみ能力の関係は,第1報において求めたWs/Wg-LB/2Wg特性の図表をそのまま適用することできた.ここに,WS=つかみ土砂重量,Wg=グラブ自重,L=グラブの開き長さ,B=グラブの刃幅である.また,粘土をつかむときのつかみ限界,ホールタイン型とハーフタイン型グラブのつかみ能力の基本的な相違,開閉用鋼索の巻かけ数の問題等について,その傾向を確かめることができた.
全文 vol005-no07.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る