水噴射エゼクタの理論と設計に関する基礎的研究

発行年月 1966年1月 港湾空港技術研究所 報告 005-05
執筆者 松田任,近藤基,守口照明
所属 機材部 機材部長
要旨  港研報告第4巻第4号“エゼクタの揚水効率について”にひき続き,同一の実験装置を使用して実験を行なったものであるが,実験内容については,設計に必要な範囲をカバーできるように,ノズルとのど部の面積比を広範囲に変え,あらたに,のど部に平行部のついたデフューザを使用し,この場合の,揚水特性,加圧特性もあわせて測定した.
 ポンプは,その形式のいかんを問わず,効率最大の点を設計点とするのが原則である.
全文 vol005-no05.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る