防潮堤の振動性状に関する研究

発行年月 1966年1月 港湾空港技術研究所 報告 005-03
執筆者 福内大正,宮島信雄,山下生比古
所属 理事 理事
要旨 フィル形式の堤体の力学的な性質の完全な解明は,土質力学,もしくは粒体力学の発展にまたねばならないが,これにはかなりの時間を要するものと思われる.このような事情からここでは現行の耐震設計法である震度法を改善することを目的として,東京湾の第7号埋立地において,模型堤体の振動実験を行ない,その振動時の挙動を調べてみた.
全文 vol005-no03.pdf(PDF/734KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る