土の強さへのヒズミ速さによる影響

発行年月 1966年1月 港湾空港技術研究所 報告 005-02-02
執筆者 沢口正俊
所属 土質部 基礎工研究室
要旨 土の三軸圧縮試験で,ヒズミ速さをどの程度にとるべきかについては今のところ定見がない.土質試験法には1%/minが適当であると述べられているが,それ以外の各種のヒズミ速さで求めたセン断強さとどれ程の相違が生ずるかについて実験を行ない調べた.その結果0.1%/minから10%/minまでのヒズミ速さの範囲ではセン断強さおよび間ゲキ水圧は,わずかながらも変化をみせ,それらの結果から求めたセン断抵抗角では,3°近くの相違があることがわかった.またこの事以外にヒズミ速さの変化に対して土の強度特性がどのように変化するかについても調べてみた.
全文 vol005-no02-02.pdf(PDF/440KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る