航路進入波に関する実験的考察-名古屋港水理模型実験報告-

発行年月 1965年11月 港湾空港技術研究所 報告 004-11
執筆者 合田良実,藤島睦,北谷高雄
所属 水工部 模型試験課
要旨  この報告は,名古屋港において埋立工事中の13号地と西2・4区間の庄内川航路へ進入する波について,航路内の波高分布,岸壁の反射率,庄内川筋への進入波高比などを検討したものである.実験にあたっては,対象区域が長さ8km以上に及び,しかも発生域の波を対象とするため,次のような方針に従った.第1に,幾何光学的作図法を用いて庄内川筋への進入波を推定し,第2に小縮尺実験によって航路内の波高分布とともに幾何光学的作図法の適用性を検討し,第3に岸壁の反射率については別個に測定を行ない,最後にこれらの結果を総合して庄内川筋への進入波の考察を行なった.また,防波堤開口部からの回折波について,電子計算機を用いて回折係数を計算した.
 これらの検討の結果によって,航路に進入する波は岸壁で反射されるたびに波高が約70%に減少し,また西1区と1号地の南護岸でかなりの波が反射されて航路の外へ戻ることが分った.
全文 vol004-no11.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る