埠頭の貨物取扱い能力についての研究

発行年月 1965年11月 港湾空港技術研究所 報告 004-08
執筆者 工藤和男,高野聖三,奥山育英
所属 設計基準部 計算室
要旨  問題点の第1は、待ち合せ理論を適用する際の“入港船の時間的な分布”、“サービスの時間的な分布”などについて充分な統計的な検討が加えられていないことである.第2はこれらのモデルにおいて“我々が制御出来る変数(Control Variable)”がはっきりと把握されていないこと、第3は定常状態のみが扱われていて遷移状態についての取扱いがないことである.これらとやや異質の問題として評価の基準をどうとるかという問題がある.
 本報告においては第1、第2、第3の問題点についてこれを掘り下げ、これまでの解析をさらに一般化した形でモデルを構成し、電子計算機を用いて、シミュレーションと解析的な方法の両者によって解を求めた.
 シミュレーションにおいては遷移状態についての検討を加え、その原型となる単純な攪乱が加わったときの系の拳動についてその扱い方を示した.
全文 vol004-no08.pdf(PDF/3.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る