表面波の二次干渉

発行年月 1965年7月 港湾空港技術研究所 報告 000-10
執筆者 浜田徳一
所属 水工部 水理研究室
要旨  有限水深の場合の表面波の2次干渉についての計算が重力波の場合について行われている.第一部は離散的な一次成分の場合,第二部は連続スペクトルムを持つ一次成分の場合である.
 第一部では一次元の問題により,同方向に進む波の干渉の場合反対方向に進む波の干渉の場合が計算されている.二次元の計算は一般的計算から,二次元の重複波の場合が導かれ,壁体に添って進む長波峯の進行波が見出されている.又各々の場合の数値計算の結果は各成分波の大いさ,位相を示している.
 第二部では進行波の場合のみが論ぜられている.一次元の問題において,二次干渉スペクトルムが算出され,実験例を用いた検討において,実際とよく一致する事が見出された.又圧力についての二次スペクトルムが求められている2次元の問題では一般解ご求められ二つの簡単な数値例の計算により二次成分の強度が一次波の方向分散により制約される事が示された.
全文 vol000-no10.pdf(PDF/568KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る