浚渫用グラブの研究(第1報)グラブ自重,寸法比と掴み土量の関係

発行年月 1965年7月 港湾空港技術研究所 報告 004-07
執筆者 近藤基,岩田尚生,内井敏之
所属 機材部 作業船研究室
要旨 浚渫用グラブの計画,並びに取扱い上の問題点として浚渫土質に適したグラブ自重,形状寸法等を選定する方法が未だ確立していないことが先ず挙げられる.そこで機材部では各種浚渫用グラブで種々の土質を掘削する場合について,室内の模型実験からグラブ浚渫船による実船試験に至るまで,数多くの調査研究を実施して浚渫用グラブと土質の関係を解明するための研究を行なっている.本報告はその第1報であってグラブ自重,形状寸法を変えて砂,砂利等の粒状の個体を掴むときの実験内容を紹介し,実験結果を新しく提案したグラブの掘削性能比較方法によって表示し,種々検討を加えたものである.
全文 vol004-no07.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る