流路の水深が変化する場合の塩水楔の機構

発行年月 1965年6月 港湾空港技術研究所 報告 004-05
執筆者 金子安雄
所属 水工部 主任研究官
要旨 局部的に水深が変化する流路における塩水楔の侵入長,型状,境界面の剪断抵抗係数,剪断力,渦動粘性係数などについて,主として定常的な塩水楔に関して実験的に考察したものである.
全文 vol004-no05.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る