垂直控え杭の横抵抗について

発行年月 1965年2月 港湾空港技術研究所 報告 004-02-02
執筆者 久保浩一,三枝富士男,鈴木敦巳
所属 構造部 基礎工研究室
要旨 実験の結果,杭と壁体との間隔が小さく,壁体背後の主働領域と杭の前面の受働領域とが重なり合う場合には,その重なり合いの程度に応じて,杭の横抵抗が低下することが認められた.したがって,壁体に近い所に控え杭を設ける場合には,横抵抗の低下を考慮に入れなければならないことになる.しかしこのような場合においても,仮想地表面を考えることによって,杭の挙動は容易に推定できることが明らかとなった.そこで,これらの結果に基づき,われわれは垂直控え杭の設計に関し,一つの提案を行なった.
全文 vol004-no02-02.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る