地震時土圧に関する一考察-乾燥砂の場合-

発行年月 1965年2月 港湾空港技術研究所 報告 004-02-01
執筆者 荒井秀夫
所属 構造部 振動研究室
要旨 地震時土圧は大正5年佐野によって耐震設計法に震度の概念が導入され,これを土圧に対しても適用されたことにより,始めて定量的に扱われるようになった.佐野は地震動が物体におよぼす効果を表わすのに,地震動の最大加速度αと重力の加速度gとのκ=α/gを用い,これを震度と名付けた.Wを物体の重量とすれば地震力はκ・Wで表わされる.地震時土圧に対しては斜面上の物体の限界平衡を考えて,砂の安息角におよぼす地震力の影響を表わす(1・1)を導き,この地震時安息角を常時の土圧式に適用すればよいことを提案した.
全文 vol004-no02-01.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る