鉛直振動流による造波方式について

発行年月 1964年8月 港湾空港技術研究所 報告 000-09
執筆者 合田良美,菊谷徹
所属 水工部 模型試験課
要旨  通常の造波装置では,模型で反射された波が再び造波部分で反射されて実験に使う波を歪める欠点がある.本報告で取り上げたのは,水路の底から出入する鉛直振動流によって波を発生させる造波方式で,造波部からの反射率は実験の結果約16%と推定され,造波部からの反射波が極めて小さい特徴がある.
 この方式によって生ずる波については,その速度ポテンシャルがフーリエ変換を利用して求められ,発生波高および造波部の圧力の計算式が導かれた.実験結果では,発生波高が理論値の80%,造波ピストンに作用する力が計算値の120%となった.
全文 vol000-no09.pdf(PDF/519KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る