長波に対するアーセルのパラメーターについて

発行年月 1964年6月 港湾空港技術研究所 報告 000-07
執筆者 堀口孝男
所属 水工部 模型試験課
要旨 この研究は,長周期波の変形に重要な意味を有するUrsellのparrameterをUrsellが導いたものとは別の,Friedrichsの変形して求めたものである.この変形の方法は,水深と波の振巾とに異なるStretchingを適用したもので,これを用いると,parrameterがη0λ2/h3>1,η0λ2/h3<1の値をとるときに,二次項までの近似においてBoussinesqの方程式と,線形方程式とに分類される.亦同時に,η0λ2/h3>1の場合においては,三次項までの近似が如何なる型になるかを示しており,二次項までの近似では,Keulegan,Pattersonがポテンシャル理論から導いたものと同様な結果を与えている.
全文 vol000-no07.pdf(PDF/267KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る