高知港津波防波堤に関する模型実験

発行年月 1964年6月 港湾空港技術研究所 報告 003-02-01
執筆者 柴山煒彦,木村久雄,武村莞爾
所属 水工部 水理研究室
要旨  高知港は四国南岸の重要港湾であって,室戸岬と足摺岬とに囲まれた土佐湾のほぼ湾奥に位置している.
 泊地は広く湾入した浦戸湾内にあるためきわめて静穏な天然の良港のようであるが,港口附近には多くの隘路が存在している.
 港口附近の地型は,太平洋に面している約12kmの区間は狭く屈曲し最小幅員は僅か130m位に過ぎない.
 港口の西方8kmの仁淀川附近より東方12km物部川河口附近までの一帯は砂浜となっている.
 潮汐の干満によって港口より流入流出する.潮流の流速は,広い湾内に対し港口が狭いため非常に速く最大4節以上に達している. 
 水理現象として複雑である理論的にのみ追求して行くには困難があるので,模型実験を主体として必要な定性的及び定量的な水理量を求める事にしている.
全文 vol003-no02-01.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る