カーテン防波堤とその特性について

発行年月 1964年4月 港湾空港技術研究所 報告 003-01
執筆者 森平倫生,柿崎秀作,合田良実
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  カーテン防波堤に関して得られた結果を列記するとつぎのとおりである.
(1)カーテン防波堤建設に適した地点は大きい港の中とか,比較的静かな内海,入江,湾などで水深波長日が0.2程度より大きいところである.
(2)浅海波領域におよびこれに近い中間領域にカーテン防波堤を建設しても大きい防波効果は望めない.
(3)波高伝達律を推定するには実験曲線を使用するかUrsellの修正曲線を使用すればよい.
(4)カーテン防波堤に作用する波力はSainflou公式により第4章に述べた方法で算定すれば充分である.
(5)カーテン防波堤の天端高は図-4-13から得られるものを使用すればよい.
 以上の通りであるが,浅海波の場合の波高伝達律の厳密な解析,有限振幅波に体する反射律の決定法,カーテン防波堤によるエネルギー損失などに関してはさらに検討を加える必要がある.
全文 vol003-no01.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る