プレパックド・コンクリートの圧縮強度試験用供試体製作方法に関する実験的研究 附:プレパックド・コンクリートの圧縮強度試験方法(案)

発行年月 1963年6月 港湾空港技術研究所 報告 002-01-01
執筆者 赤塚雄三,有吉保憲
所属 構造部 材料施工研究室
要旨 一般に構造材料の強度はその試験方法によって異るため,強度の比較を行うには試験方法によって生ずる相違を取除くことが必要である.一般的な工業材料について標準的な材料試験方法が定められていることの目的の一つはこのような比較に関する共通の基盤を与えることにあると考えられる.コンクリートの場合も例外でなく,供試体の製作や養生などの方法から試験値の処理の仕方に至るまで,同一の試料について得られる結果に影響を与えるような要素については,標準とする方法が定められている.しかしこれは普通の施工法によるコンクリートに関してだけであって,特殊な施工法によるコンクリートについては標準方法が定められていない場合もある.プレパックド・コンクリートの場合はその一例である.すなわち,プレパックド・コンクリート工法よって作られたコンクリートの強度試験については標準とすべき試験方法が未だ確定されていない.これには普通コンクリートに較べて,工法が導入されて以来日も浅く資料も充分でないと云った理由もあると思われる.
全文 vol002-no01-01.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る