アルミニウム粉末の混入がモルタルおよびコンクリートの強度に及ぼす影響

発行年月 1963年2月 港湾空港技術研究所 報告 001-01-03
執筆者 小宮山正文,森口拓
所属 構造部 材料施工研究室
要旨 プレパックドコンクリートにおいて使用されるアルミニュウム粉末の添加量が,モルタルの空気量,流動性および強度,さらにこのモルタルを注入した場合のコンクリートの強度におよぼす影響について,1961年9月より1962年9月までの間に,運輸技術研究所材料研究室において実験研究した結果をとりまとめたものである.
全文 vol001-no01-03.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る