港湾工事環境における鋼材の腐食速度推定に関する実験研究

発行年月 1963年2月 港湾空港技術研究所 報告 001-01-01
執筆者 善一章
所属 構造部 材料施工研究室
要旨 基礎地盤へ打込み可能な測定電極を考え,これを用いて港湾工事における各種類の環境の鋼材腐食性が比較的簡単に予測できるような推定法の検討を,1958年10月から1960年3月にかけて実施した.以下に報告するところは,提案した推定方法の実験室におけるキャリブレーションの過程,試作測定電極の形状・寸法の差異に基く測定の難易,および各国における推定方法との比較について実験・検討した結果である.もちろん,これは現場における鋼構造物についての永年観測結果を待って始めて充分な実用性が立証されるべきものであるが,ここでは,その可能性について言及する.
全文 vol001-no01-01.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る